デスクトップの空論

すべては夢に帰す

我が家の猫様 その1

IMG_0012
Nikon D800 | Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

我が家(実家)の姫様

フィルムばっかりなので、たまにはデジで。

私には勿体ないD800ですが、撮って出てくる画を見る度に、その解像には驚かされる。

24-70 f/2.8とか欲しいけど、その前に腕を上げるのが先かな...

猫撮り その2

IMG_0012
Nikon F100 | Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED | KODAK SUPER GOLD 400

久しぶりに。

去年撮ってアップロードしてた写真ですが...

自家カラー現像でここまで出る様になりました。

割と時間が取れるようになったので、ぼちぼち更新していきます。

猫撮り その1

IMG_0012
Nikon F100 | Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED | FUJIFILM NEOPAN 400 PRESTO

大学構内にいた猫さん

法文学部〜食堂前の猫集団は太ってるのが多いので、人間から食べ物貰ってるんだろうなぁ...

工学部周辺の猫は痩せてるのが多いです。

カラーネガ自家現像の記録

f:id:ke1y:20131217202346j:plain
Nikon F100 | Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED | KODAK SUPER GOLD 400

ブレ&ピンぼけは勘弁;;
初めてのカラーネガ自家現像です。
初めてなのにペーパー用現像液をフィルム現像に転用という無茶してます。
色ムラっぽいのが出てますが、攪拌のやり方が原因じゃないかなぁ。
特に色の偏りなどは出てないみたいです。
ゴミはボロいスキャナに付着してるものです。

薬品リスト
Kodak エクタカラーRA発色現像補充液 10L用 4080円
Kodak エクタカラーRA発色現像スターター 1.2L原液 730円
ナニワ ブロムカリ 500g 790円
ナニワ 赤血塩 500g 2380円
中外写真薬品 マイフィクサー5L用 790円

現像液
40℃の水500ccに
エクタカラーRA発色現像補充液
A液 10cc
B液 5cc
C液 10cc
スターター 6cc
水を加えて全量を500ccにする。
※今回はこれを希釈せず、そのまま使いました。

漂白液
40℃の水 400ccに
赤血塩 25g
ブロムカリ 8g
水を加えて全量を500ccにする。

定着液
液50ccに水200cc (モノクロ時と同じ)

行程
現像:38℃で3分(注入/排出を含む)
停止:水で数回すすぐ
漂白:38℃で2分(注入/排出を含む)
停止:水で数回すすぐ(排出した水が透明になるまで)
定着:38℃で2分30秒(注入/排出を含む)
水洗:流水で10分〜くらい?お好みで

こんな感じでやりました。
自分は割と大雑把な方なので、時間は目安程度で10秒くらい長かったり短かったりしてると思います。

あと、攪拌も20〜40秒に1回、倒立攪拌する感じでやってます。
温度は38度を厳密に保ち続けてる訳でなく、下がってたときは34度くらいまで落ちてたと思います。

大切な写真はお店に頼んだ方が良いと思いますが、現像まで含めての趣味写真には低コストでgoodかなぁ...っと

鋭意建設中

IMG_0022
Nikon New FM2 | Nikon Ai-S Nikkor 50mm f/1.8 | ILFORD DELTA 100

オフィスから1枚。

来春はこの窓から市内の様子を展望することができなくなるのです。

 

f:id:ke1y:20131001230631j:plain
Nikon F100 | Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED | FUJIFILM NEOPAN 400 PRESTO

同じ窓からF100+Micro 60mmで撮影。

いきなりTMAX100とDELTA100を使ってたせいか、NEOPAN400の粗さが気になる感じ。
でもまぁ、フィルムらしいと言えばフィルムらしいのかも?

一本目

IMG_0000

Nikon New FM2 | TEFNON 28mm f/2.8 | ILFORD DELTA 100

 

フィルムを始めてから2本目の0コマ目。
36枚撮りで37枚撮れるか試しにやってみた訳です。

現像はT-MAX Developer、定着は中外のマイフィクサー。

1本目T-MAX100の現像は大学の後輩に頼んだので、これが自分で初めての家現像。
まぁ上手くいったんじゃないかなぁ?